P.I.L.じゃじゃ!

CD担当の「シャポ爺」ですじゃ。


P.I.L.の代表作「メタル・ボックス」の
スーパー・デラックス・エディションが出たんじゃ!


セックス・ピストルズはセンセーショナルじゃったが、
P.I.L.はスリリングじゃった。


ピストルズ解散後の去就が注目されていた
ジョニー・ロットン改めジョン・ライドンの
「ロックは死んだ」発言も驚きじゃった。


名刺代わりの1st「Public Image」で
ポスト・ロックの地平を切り拓いたP.I.L.の、
次なるアルバムは、仕様からして常識破りじゃった!


音質へのこだわりから45回転LP3枚に分け、
円盤状の金属製の缶に入れた、
文字通りの「Metal Box」だったのじゃ!


「Metal Box」の缶の中には、
ジャー・ウォブルの重低音ベースに、
キース・レヴィンのフリーキーなギター、
ジョン・ライドンの呪術的なヴォーカルが絡む、
更に先鋭化した音が詰まっていたのじゃ。


しかし2ndでジャー・ウォブルが脱け、
3rdでキース・レヴィンが脱けると、
それまでトンがっていたP.I.L.も、
ちょうどこの缶カンみたいに、
ま~るくなっていってしまうのじゃ…


そんな初期P.I.L.の代表作
UICY-77929
「メタル・ボックス(スーパー・デラックス・エディション)」
(UICY-77929)は、高価買取じゃじゃ!
P.I.L.売るなら、ガンガンで決まりじゃ!